ConoHaの512MBメモリプランでKUSANAGIを使ってみた感想

この記事は約4分で読めます。

2017-03-22KUSANAGI for ConoHa

(C)GMO Internet, Inc. 再使用禁止

本記事はConoHaメモリ512MBプランにおけるKUSANAGIの使用感について記すものです。
どのプランにしようか迷っている方にお役立ていただけると思います。

ConoHaにはメモリ512MBのプランもある

現在ConoHaではVPS2か月間20%割引キャンペーンをやっています。

サーバー引越、特に高速と評判のKUSANAGIに移行したいと思っている方にとっては入り時ではないかと思います。
(既存会員にも適用されますが……あまり魅力的ではないかも)

問題はメモリ何Gのプランにするか。

本来、KUSANAGIの推奨環境は4G。
しかし本サイトのような零細サイトですとメモリ1Gプランで十分という声が各地で上がっています。
さらに私は1Gプランでサイトを二つ動かしていますが、何ら不自由はありません。
恐らくライトユーザーのベストチョイスでしょう。

しかしConoHaにはメモリ512MBという格安プランがあります。
なんと504円/月。
この値段でVPSなんてありえないことから選択肢として考える人も多いのではないかと思います。

先日、私は512MBを試す機会がありました。

上記検証で新規VPSを立ち上げる必要があったもの。
メモリはいくつでもいいわけだし、せっかくだから512MBにしてみようと。
プランにお悩みのため、私なりの使用感を以下に記します。

サイト表示は1Gプランと変わらない

テストサーバーはApacheで建てました。
Nginxで建てたかったのですが、ちょっと他の都合があったものでして。

サイト表示は1Gプランと全く変わりません。
色々バタバタしていた最中なので実際の速度計測はしていないのですが、体感で明らか。
全く違和感ありませんでした。

WordPress環境は本サイトとほぼ同じ。
All-in-One WP Migrationで移し、テーマと画像を追加しました。
(ただしトップページとある程度の記事が確認できればいいので、画像は本年3月分のみ)

このくらいのレイアウトなら不自由なく使えるという感じです。
ただテスト用サーバーでアクセスが全くありませんから、負荷が掛かるとどうなるかはわかりません。

しかし管理画面は違った!

しかし裏に回ると事情が違いました。

質問者の写真

管理画面のレスポンスが超絶重い!
 

もう、本気でイライラするレベル。
記事編集画面を開くのも保存するのも卓袱台引っ繰り返したくなります。

(C)GMO Internet, Inc. 再使用禁止

もうムカつきの連続でした。

しかもこれ、起動してすぐ思ったこと。
つまり「ほとんど空の状態で」です。
とても使う気になれない……。

私がロリポップから引っ越したのは管理画面のレスポンスにイラついたのも一つの原因。
一時期は記事を書くのも嫌になってブログ放置してました。
ちょうどロリポップのライトプラン(月250円)と同じくらい
サイトの表示速度は全く違いますから半額のロリポップの方が優るとは言いませんが……。

私の結論

本当にごくたまにしか更新しない場合かお試し以外、メモリ512MBプランはやめた方がいいです。
私の経験から言って、まずブログそのものを投げ出します。

あと512MBだとスケールアップ・スケールダウンができません
これは別途1G以上のサーバーを立てて丸ごと引っ越せばクリアできる問題ですが。
(時間単位の料金計算のため、ほとんど余分に掛からない)
クリックだけでスケールを変えられる1Gプラン以上と比較すると遥かに面倒なのは間違いありません。

企業とかならともかく、本サイトくらいなら1G以上は4Gでも普段の使用感は変わりませんでした
しかし512MBと1Gは明らかに違います
本気で契約するなら、初めから1G以上を選んだ方がいいです。

ライトユーザーのKUSANAGI for ConoHaのベストチョイスは1Gプラン

これをもって私の結論とさせていただきます。

ただし本記事の見解は私の主観、感覚の個人差もあります。
メモリ512MBと1Gプランの両方のVPSを立てたとして、1日動かしても50円以下。
両方同じ環境作るのも引越プラグインAll-in-One WP Migrationあれば簡単にできます(ただし本プラグインはHHVMだと動かないので注意)。
負担はあまり掛からないので、実際に試してみることを推奨します。