超初心者向けに公式導入マニュアルを翻訳してみた ~KUSANAGI for ConoHa

この記事は約12分で読めます。

2017-03-22KUSANAGI for ConoHa

ConoHaイメージキャラクター美雲このは、スキー場にて (C)GMO Internet, Inc. 再利用禁止
ConoHaイメージキャラクター美雲このは (C)GMO Internet, Inc. 再利用禁止

本記事は、私がKUSANAGIを導入しようとしたら各所で躓いてしまったので、超のつく初心者でもわかるよう、公式マニュアルを書き換えてみたというものです。
公式とあわせて読めば、誰でも楽に設定できる……はず?

KUSANAGIに興味のある全ての初心者&素人にこの記事を捧げます

私がKUSANAGI for ConoHaに移行したときは、こんな状態でした。

ターミナル? SFTP? ナニソレおいしいの?

そんな私でも導入できたのですから誰でもできます。

ただ苦労しました。とにかくひたすら苦労しました。
どのページ見ても中級者向けに書かれており、検索して調べるだけでも苦労しました。
でもだからこそ、そんな人間が導入マニュアルの注意書きを記すことは意味があるのではないかと考えています。

いわば初心者&素人向けの翻訳。
公式マニュアルとあわせて読めば、わからないところは大体解決できるはずです。

なお、ConoHaとしていますが、途中からは他のKUSANAGIでも同じです。

事前準備

1 ターミナルソフトとSFTPソフトを用意する

ターミナルソフトはConoHaですとなくても操作できますが導入した方が便利です。
SFTPは移転の場合や構築後のファイル管理で絶対に必要となります。
私は訳分からない状態だったので、とにかく有名そうなものを選びました。

ターミナルソフト:Tera Term
SFTPソフト:WINSCP

「有名=検索すれば使い方を拾える」ので。
以下はこの2つを使うことを前提に説明を進めます。

2 (サーバー移行の方のみ)プラグインAll-in-One WP Migrationで引越ファイルを作成する

これが一番楽です。
現在使っている環境をそのまま移行できます。
ただし容量512MBまでという制限がありますので、画像ファイルとテーマファイルは別途PCに落として下さい。

KUSANAGI for ConoHa

公式マニュアル。

1 入会する

まだ入会していない方の場合、ここをクリック して入会すれば、1000円クーポンがもらえます。
キャンペーンを行っている場合はあわせて適用されます。
また入会だけして支払方法を登録せず一週間放置すれば、さらに500円分のクーポンがもらえます。

2 ConoHaにログインしてサーバーを作る

ConoHaにログイン。
ウィンドウ左端にあるタブの一番上「サーバー追加」をクリックします。
あとは、画像の通り打ち込めばいいです。

ConoHaのVPS作成画面

ConoHaのVPS作成画面

 

①メモリ

KUSANAGIは4GB推奨ですが、小規模サイトなら512MBで動きます。
ただし記事執筆時点ではキャンペーンにより、45日間1GB以上のプランが10%オフ。終わりました。
630円と810円の180円差で性能が倍になるので、45日間は1GBプランの方がいいと思います。
使っている感触として、小規模サイトなら630円プランで十分だと思います。

②イメージタイプ

アプリケーションをクリック

③アプリケーション

WordPressをクリック

④rootパスワード

桁数多く、大小英字に数字と記号を交えた強力なものを

⑤SSHKEY

「新しいキーを追加」をクリック

⑥ネームタグ

好きな名前で自分のわかりやすいものを(デフォルトでもOK)

⑦ネームタグ

好きな名前で自分のわかりやすいものを(デフォルトでもOK)

3 完了

SSHキーがダウンロードされます。
1回しかダウンロードできないので、なくさないように。

ログイン

1 ターミナルソフトを起動してログインする

公式では「コンソール」を起動しろと書いてます。
実際にそれでいいのですが、ここは後々のためにあえて回り道。
ターミナルソフトで行います。

1 サーバーのIPアドレスを調べる

ConoHaのサーバー一覧を開き、ネームタグをクリックします。

ConoHaのVPSネームタグ

するとIPアドレスが出ます。

ConoHaのVPSのIPアドレス

2 Tera Termを起動する

ConoHaのサイトに説明があります。

https://www.conoha.jp/guide/vps_ssh_tetaterm.php
ただ、ここは先程作った鍵を使ってログインします。

Tera Termを起動すると、こんな画面が出ます。
ホスト欄に先程調べたIPアドレスをコピペしてください。

teratermのログイン画面でIPアドレスを入力する場所

他はそのままでOKを押します。

初めてのログインのみ、こんな画面が出ます。

teratermの初回ログイン画面に出るセキュリティ警告

続行を押して下さい。

teratermのSSH認証画面

①「root」と打ちます。
②クリックして「~鍵を使う」に変更します。
③「秘密鍵」をクリックし、鍵ファイル(拡張子.pem)を選択します。
④「OK」をクリックします。

KUSANAGIログイン画面

ログインできました。

次はKUSANAGIの初期設定です。