ロリポップからConoHa+kusanagiの1Gプランに変えたら、速度が4倍になった!

この記事は約8分で読めます。

2017-03-29KUSANAGI for ConoHa

KUSANAGIのイメージキャラクター草薙沙耶 ©PRIME STRATEGY

此度、サーバーをロリポップ(ライトプラン)から「KUSANAGI for ConoHa(1Gプラン)」に移設しました。
現在は既に移設後の環境で動いています。
本記事では、私がサーバー移行を考えた理由と移行した結果について述べていきます。

「超高速」を謳うKUSANAGIの実力は?

あれこれ言う前に、まずは結果を見ていただきましょう。
使っているテーマは「Lightning」。
ページキャッシュのプラグインは外して計測してます。

サーバー移設前

ロリポップライトプラン、キャッシュ無しでのページ速度分析ツール結果

管理者画面なのでキャッシュ効いてませんが、効かせても4秒前後です。

サーバー移設後

同じくキャッシュを効かせていない状態。

KUSANAGI for ConoHa、キャッシュ無しでのページ速度分析ツール結果

えっと……

7.769÷1.904=4.080

質問者の写真

400%!?
 

さらに、ここへキャッシュを効かせると……

ロリポップライトプラン、キャッシュ有りでのページ速度分析ツール結果

質問者の写真

1.315秒!?
 

体感でわかるなんてものじゃありません。
これまでプラグインの起動だけで0.8秒掛かってたのに。
今まで高速化に掛けた時間がバカらしくなりました。

特に実感するのが管理画面のレスポンスの速さ
今までは、記事書く→更新する→遅い……
他の操作にしてもそう。
もうサイトにログインする気すら失せていたのですが、これなら使える!
もっと早く移設していればよかったと心底悔やみます。

以下、サーバー移設を考えた経緯及び「KUSANAGI forConoHaって何?」について記します。
そんなの興味ないけど「現在、ConoHaと契約を考えている」という方、あるいは「KUSANAGIの導入は決めてるけど、VPSをどこにするか悩んでいる」という方は一番最後にお進みください。
ちょっとしたオトク情報が載っています。

KUSANAGI

超高速WordPress仮想マシン

超高速WordPressマシンKUSANAGI公式ロゴ
画像クリックでKUSANAGI公式サイトへ飛びます

 

バナー左の女の子はイメージキャラクター「草薙沙耶」です。
最初聞いた時は「攻殻機動隊」かと思いました。
実際にパロディ(リスペクト)なのは間違いないんですけど。

マガタマ © PRIME STRATEGY
マガタマ © PRIME STRATEGY

どう見ても「タチコマ」意識してますよね?(笑)

料金高いです……

最近、kusanagiの宣伝をあちこちで見かけるようになりました。
気になったので調べてみると、サイトがとにかく爆速になるとか。
サーバー移転をちょうど考えていたところだったので有益な情報ではある。
しかし、どこも料金高いよなあ……ざっと見ると月額3千円とか。
これはちょっと辛い。
企業ならともかく、個人で小さなサイトを運営するには払えない額です。

ConoHa

ConoHaとは?

そう思っていたところに、ConoHa が圧倒的なコスパを誇るという情報を仕入れる。

ConoHa応援団鳥 美雲このは
美雲このは (C)GMO Internet, Inc. 再利用禁止

画像の女の子は「美雲このは」、応援団長です。
画像をクリックすると「このは通信室」に飛びます。
どこの萌えサイトかと思うでしょうが、れっきとしたパブリッククラウドです。

入会すればVPS(仮想専用サーバー)が利用できます。
「VPSって何?」という方は次の漫画をお読みください。

以下は私が入会して試した上での所感です。

長所

1 月額料金が安い

KUSANAGIが使えるVPSでは圧倒的に安いです。

最安の512MBプランだと620円(税抜)、実用的と言いうる1Gプランでも900円(税抜)

ライバルとして考えられるのはさくらインターネットの512MBプラン685円(税込)、1Gプラン972円(税込)。
表面上の料金はほぼ同等です。
ただし、さくらは2週間無料(通常のサーバーとVPSの両方試せる)&年間契約だと1か月分割引となります。
一見するとさくらの方がオトクに見えそう。
しかしConoHaは数々の後述するメリットがあります。

なお、他VPSは比較するまでもありません。

2 初期費用無料

初期費用とは、いわゆる入会金みたいなもの。これがゼロ円。

他のVPSでは大抵請求されます。
先述のさくらだと512MBで1080円、1Gで1620円です。
月額料金同等ながら、この分だけConoHaが敷居の低い点で優る感じです。

3 時間課金制

なんと、

サーバー使わなければ料金ゼロ。しかも使った時間分だけしか課金されない方式です。

(30日使ったとして、トータルでちょうど月額料金くらいになります)
考えられるメリットは多く、最大のメリットじゃないかと思ってます。

4 事実上、初月(翌月も?)無料

記事執筆時点(2016年12月5日)において入会キャンペーンを行っており、1000円分のクーポンがもらえます。るかも?
また、「このとも 」を設置しているページから登録すれば1000円分のクーポンがもらえます。

しかも、「このとも」とキャンペーンは併せて適用されます。
つまり、今なら合計2000円分のクーポンがもらえまするかも?

本サイトでも、本記事の末尾およびサイドバーに「このとも」を設置しています。
よろしければ御利用くださいませ。

※12/8 記事一部訂正

入会キャンペーンの方のクーポンは「7万人突破記念」となっていました。
現在やっているのは「10万人突破記念」(1G以上のプランが45日間10%オフ)。
どういうことになっているのかわかりませんが、全員がもらえると限らない可能性もあるので訂正させていただきます。
(なお「このはver 」のページでは7万人突破記念のバナーがあります)

私は両方のキャンペーンが適用されている状態ですが、「プラス1000円もらえるかも?」くらいでお考え下さい。
推測ですが、恐らく入会してから「このはver」のページに行くと7万人も適用されるのではないかと思っています(公式サイトのトップページは一般向けとこのはverの2通りがあります)。

5 まとめ ~お試しが手軽

2~4の帰結として、

  • 会員登録だけして放置が可能である。
  • 「ちょっと速度を試してみたい」という場合、テスト後にサーバー削除すれば30円以下で試せる(テスト期間1日として)。

実際に私も入会だけはしたものの、そのまま1週間放置してました。
(実は、これがちょっとしたオトクにつながります)

私がサーバー変更を考えた理由

1 サイトが遅い・重い

最近、徐々にですがサイトアクセスが上がってきました。
それでデータを見ていたところ、直帰率の高いことが判明。
もちろんコンテンツの少ないことが一番の原因ですが、恐らくそれだけじゃない。
Webマーケティングにおける「3秒ルール」を充たしていないからです。

3秒ルール:サイトのページ表示速度が3秒を超えると、他サイトへ移動する可能性が高くなること

サイトが重ければ他記事を読まないのは自明。
下手すれば、最初の記事すら読み終えずに他サイトへ行っちゃいますもの。
確かに3秒がギリギリ、なんとか2秒くらいにしたいところです。

以前は無料CDNのCloudflareを導入していました。
これで3秒ギリギリといった感じです。
しかし、あまりにも不安定で、やむなく使用を中止しました。

2 サイトを常時SSL化したい

理由は3つあります。

  • 現在はLet’s Encrypt を使えば無料で常時SSL化できる、しかしロリポップは対応していない。
  • 公安調査庁関係で質問メールが増えた、そのためセキュリティを上げる必要性があった。
  • SEO対策。googleが常時SSL化しているサイトを検索順位で優遇する方針を打ち出している。

決断の契機

次の記事をアップしたときのことです。

注目されていたテーマのせいか、アップ直後いきなり30程度のアクセス。

(大した数字じゃありませんが、本サイトでは異例のことです)
すると……管理画面がフリーズに近い状況に!

たった30秒でこれだと、万一Yahoo砲なんてきたら。
万一どころか、私自身がYahooニュースになってしまった過去があります。
(そのときはサイト名もURLも掲載されていなかったためアクセス増加はさほどでもありませんでした)

質問者の写真

サーバー変える!
 

そう決断した瞬間でした。
その効果は冒頭に示した通りです。

ConoHaのオトク情報

今まで速度アップに費やしてきた苦労は何だったの?
そうボヤきたくなるくらい、効果は圧倒的でした。
先に記したように、お試しは楽。
サイトの速度にお悩みの砲はぜひトライしてみてください。

オトク情報その1

下の画像をクリックした先で入会すると、1000円分のクーポンがすぐに貰えます。

 

美雲このは (C)GMO Internet, Inc. 再使用禁止
(C)GMO Internet, Inc. 再使用禁止

さらにあなたが2000円分使った時点で、私も2000円分のクーポンが貰えます。
これが「このとも」、まさにWIN WINです。

オトク情報その2

会員登録した後は支払方法を登録しないで放置してください。
すると一週間経過したら、次のタイトルのメールが届きます。

[ConoHa] 500円分無料クーポン!支払方法の登録を完了させましょう!

このメールの記載URL経由で支払方法を登録すれば、さらに500円分クーポンがもらえます。

なおメールの記載URLを踏まずに支払方法を直接登録しても、後でメールのURLを踏めばクーポンをもらえます(私はそうでした)

まとめ

導入が簡単といわれるConoHaですが、WordPressを導入するより遥かに手間がかかりました。
黒い画面に慣れていればまったく問題ないのでしょうけど、私はまったく触ったことなかったので。
逆に言えば、そんな人間でも導入はできるということ。
苦労した点を中心に、改めて別記事を記したいと思います。