Lightningの長所と短所 ~Lightningカスタマイズ第1回 

この記事は約5分で読めます。

2017-03-22Lightning

質問者の写真

Simplicityが2になったから移行しようとしたんだけど動かない……

 

解答者の写真
やり方、本家サイトに書いてるじゃない。

 

質問者の写真

もういい! どうせ色々作業するなら心機一転、新しいテーマ探す!

 

(……数時間後)

質問者の写真

このテーマきれい! 「Lightning」っていうんだ!?

 

解答者の写真
Bootstrapベースだからね。作ってるところも定評ある「BizVektor」のところだし、信用できるんじゃない?

 

質問者の写真

プラグインもなんか便利そうだし、これ使ってみる!

SimplicityからLightningへ

テーマをこれまで使っていた「Simplicity」から「Lightning 」に変更しました。
変更した契機は会話の通り。
SimplicityがSimplicity2に変わったのですが、移行作業がスムーズにいかなくて。
どうせ一からカスタマイズし直す羽目になるなら……
いい機会と思い、別のテーマを使ってみようと思ったわけです。

Lightningとは?

Bootstrapベースの国産無料テーマ。

Lightning公式ページより

開発したのは定評あるテーマ「BizVektor」と同じところ。
詳しい説明は公式を御覧下さい。

選んだ理由

Simplicityに不満があったわけではありません。
むしろ大満足していました。
もし「テーマは何を使えばいい?」と聞かれれば、間違いなく「Simplicity」と答えます。
何と言ってもユーザーライク。
そのまま使っても十分な多機能ですし、慣れるとカスタマイズもしやすいですし。

テーマの長所

デザインと、そのカスタマイズ性

しかしLightningがSimplicityと比べて圧倒的に優る点が一つあります。
それはデザインと、そのカスタマイズ性
まず、ほとんど手を入れなくても今風のサイトになります。
Bootstrapを積んでいますので、知っているなら他テーマより柔軟なレイアウトも可能です。

また、Lightningには「VK All in One Expansion Unit 」という多機能プラグインがあります。
Simplicity時代から使っていたのですが、素晴らしい。
基本的には企業サイト向けなんでしょうけど、PRブロックや子ページインデックスは特に使えます。
「Simplicity」+「VK All in One Expansion Unit」は、機能面において最強の組合せと言っていいです。

スライドショーが予め設置されてるのもGOODです。
私が使ってないのは、大画面に相応しい凝った画像を技術的にも手間的にも作れないという事情。
画像さえあるなら使っています。

テーマにおいてデザインとユーザビリティは超重要。
個人ブログなら他にも選択肢があると思いますが、企業サイトならこれしかないと言い切っていいくらいじゃないでしょうか。

軽くて速い

余計な機能を積んでいないので。
ある程度WordPressに通じた人なら、サイトを高速に仕上げることができます。
なんせ、あの超光速WordPress仮想マシンKUSANAGIの公式サポートページがLightningを採用しているくらいですから。

ここまでできるという点で1つのモデルケースになろうかと思います。

テーマの短所

VK All in One Expansion Unitが不完全

だったら本家本元と組み合わせれば至高の組合せとなるはず。
そう思ったのが甘かったです。

次の画像を御覧下さい。

ページ分割機能を用いた記事ですが……この記事下のグダグダぶり。
ごてごてしていてページナビがどこにあるか気づけません。
「関連記事」機能を使うと、もっとひどいことになります。

アドセンス部はダブルレクタングルにできる仕様なのですが、モバイル対応されていません。
そのままコードを入れるとアドセンスユニットが二つ並んでしまい、Googleのポリシー違反となります。
(そのため片方にはAmazonや楽天など、他のアフィリエイトを入れることになります)

【2017/3/22追記】

アドセンス上限撤廃とともに、モバイルのアドセンス2つ並びも解禁になりました。

2016年夏頃の話とのこと。
株式会社ベクトル社様には深くお詫び申し上げます。

公式にはこう書いてます。

Lightningでは機能面は多機能統合型プラグイン「VK All in One Expansion Unit」に分割し、テーマファイルのシンプルさを追求する事で、カスタマイズ性と機能性の両面を追求しています。

しかし分割されているせいで、逆にカスタマイズがめちゃめちゃやりづらいです。

はっきり言います。

質問者の写真

LightningとVK All in One Expansion Unitの組合せ、使えない!

Simplicityとの組合せでは最強だとすら考えたプラグインなのに。
どうして本家との組合せでこうなるんですか。
Simplicityが元々「VK All in One Expansion Unit」に備わっている機能は有していて、同プラグインはさらに機能を加える付加的な位置づけだったからでしょうけど。

ただそれなら……。

結論

解答者の写真
Simplicityと同じくらいにカスタマイズすればいいじゃない。

テーマ本体だけ見ると、ところどころでSimplicityより優れています。
使い手次第でどうにでも変わる、かなり尖ったテーマ。
カスタマイズすればSimplicityを超えるテーマになる可能性は十分なわけで。
そう思って「VK All in One Expansion Unit」をあてにせず頑張ってみることにしました。

次回から数回にわたり、私のカスタマイズについて述べていきます。